一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 委員会・研究会 >
  3. 技術委員会

技術委員会

田中 啓一
田中 啓一

委員長 :田中 啓一(日本事務器株式会社 代表取締役社長)
副委員長:山本 祥之(株式会社インテリジェントウェイブ 特別顧問)
副委員長:小屋 晋吾(トレンドマイクロ株式会社 執行役員 統合政策担当)
副委員長:原山 健一(BBソフトサービス株式会社 取締役副社長 兼 COO)
副委員長:大塚 桂一(インテル株式会社 執行役員 営業本部 本部長)
副委員長:佐野 勝大(株式会社ユビキタス 代表取締役社長)

IT業界における最新技術動向やアプリケーション開発技術に関する情報配信企画などIT技術者の成長を触発するための施策を検討/実施する。また、企業の枠にとらわれないIT技術者間交流を促進させる施策の検討・意見交換を行い、その一環として若手技術者を対象とした海外研修を継続運営し、新テーマの研究会/WGの設置を促す。

委員会参加登録

お知らせ

研究会

モバイルソリューション研究会

田中 啓一
田中 啓一

主査:田中 啓一(日本事務器株式会社 代表取締役社長)

モバイルデバイスを含むマルチプラットフォーム環境で稼働するアプリケーション開発を行うための技術(Web, ネイティブ)について、研究・調査・情報配信を行う。また、デバイスやソリューションの視点からIoTについて、アプリケーションの視点からはユーザビリティ(UIとUX)について、関連技術の研究・調査・情報配信を行う。

人工知能(AI)技術研究会

竹原 司
竹原 司

主査:竹原 司(株式会社デザイン・クリエィション 最高顧問)

 近年、人工知能技術の実用化が急速に進み、その社会的インパクトにも大きな注目が集まっている。多くの企業から多様な形の人工知能技術が発表され、その実用化が目前に迫る今、これらの技術情報やビジネス情報を幅広く収集し、調査研究するための活動を目的とする。

  • インターネットを通じて人工知能関係の情報を収集し、整理してWEB上で公表する。
  • 人工知能への参入を表明した企業に講演を依頼し、取り組みの意図や技術の解説を受ける。
  • 人工知能研究の著名な研究者に講演を依頼し、最新の技術動向を把握する。
  • 人工知能関連ビジネスに関して調査し、事業化に関して検討し研究会参加メンバー間での協業を模索する。

IoT推進研究会

主査:安井 昌男(株式会社豆蔵 執行役員)

 全てのデバイスが繋がるIoT(Internet of Things)を実現するアプリケーション技術について、先進的なモデル事業の調査・研究を行い、企業間での協業による事業化を検討します。また、政府が主導するIoT推進コンソーシアム及びIoT推進ラボへの関与を通じて実現可能なプロジェクトの創出を目的とします。

  • IoTに関する最新技術及び先進モデル事業について調査研究を行い、必要に応じて講演企画を実施する。
  • IoTビジネスの事業に向けて参入障壁となり得る規制に対し、改正の提言をまとめる。
  • 先進的なモデル事業をヒントに、企業間での協業を通じた事業の創出を検討する。
  • 政府主導のIoT推進コンソーシアムが行う各種活動への情報収集を含む積極的な関与から実現可能な協力関係を構築する。

ドローンプログラミングコンテスト企画ワーキンググループ

リーダー:佐野 勝大(株式会社ユビキタス 代表取締役社長)

目的:市場が立ち上がりつつあるドローンのソフトウェアプログラマーの育成と業務システムへの利用の本格化に向けた周辺ソフトウェア産業の活性化への寄与を目指しCSAJ主催のドローンプログラミングコンテストの開催実現を目的に、企画検討WGの設置を行う。

具体的活動:
・クラウドも含めたドローンシステムを前提にソフトウェアプログラミング技術の育成対象となるプログラムテーマとモデルケースの検討
・コンテスト開催内容の検討と企画・コンテスト実施に向けた諸関係団体、自治体などとの折衝、調整
・コンテスト開催運営

平成27年度活動報告(平成28年3月)

委員長:田中 啓一(日本事務器株式会社 代表取締役社長)
副委員長:山本 祥之(株式会社インテリジェント ウェイブ 代表取締役社長)
副委員長:小屋 晋吾(トレンドマイクロ株式会社 執行役員 統合政策担当)
副委員長:瀧 進太郎(BBソフトサービス株式会社 代表取締役社長)

IT技術の最新動向についてセミナー企画を実施し、会員企業の若手技術者を対象とした海外研修企画を検討した。また、アプリケーション開発手法に関する情報配信企画、新研究会/WG設立について検討を実施しました。

セミナー企画

●ロボット/AIの最新動向とアプリ開発ベンダの未来~未来からアプリケーションに求められるカタチとは~
 -【第1部】「パーソナルロボットPepperの全貌と開発手法」
 -【第2部】「人工知能型システムWatsonの真の実力とビジネスでの活用」
   講師:中山五輪男氏(ソフトバンクBB株式会社/ソフトバンクロボティクス株式会社)
   日時:平成27年7月1日(水)15:00~17:30 参加:86名

●「Software Defined=ソフトウェアで定義する環境」で変わるアプリ開発~プラットフォームを意識しない簡単アプリ開発とは~
 -【第1部】「次世代インフラが可能にするITシステムの破壊的変革」
   講師:田代淳一氏(インテル株式会社)
 -【第2部】「Software Defined Storageにおける技術動向と活用・提案事例」
   講師:平原一雄氏(EMCジャパン株式会社)
 -【第3部】「ソフトウェア定義(SoftwareDefined)時代にネットワーク基盤はどう変わる?」
   講師:生田和正氏(シスコシステムズ株式会社)
   日時:平成27年10月30日(金)14:00~17:30 参加:54名

海外研修企画

会期

平成27年11月7日(土)~11月15日(日) 7泊9日

開催案内

若手エンジニアのグローバル化に向けた海外研修 終了報告

参加者 8社18名(男性14名:女性4名)
壮行会 平成27年10月28日(水)18:00~20:00[参加11名]
プレゼン報告会 平成28年01月29日(火)15:00~19:30[参加18名]

平成26年度活動報告(平成26年12月現在)

委員長:田中 啓一(日本事務器株式会社 代表取締役社長)
副委員長:山本 祥之(株式会社インテリジェント ウェイブ 代表取締役社長)
副委員長:小屋 晋吾(トレンドマイクロ株式会社 執行役員 統合政策担当)
副委員長:瀧 進太郎(BBソフトサービス株式会社 代表取締役社長)

IT技術の最新動向についてセミナー企画を実施し、会員企業の若手技術者を対象とした海外研修企画を検討した。また、アプリケーション開発手法に関する情報配信企画、新研究会/WG設立について検討を実施中。

セミナー企画

海外研修企画

若手エンジニアのグローバル化に向けた海外研修

会期 平成26年11月30日(日)~12月7日(日) 6泊8日
開催案内

若手エンジニアのグローバル化に向けた海外研修 終了報告

参加者 5社17名(男性11名:女性6名)
壮行会 平成26年11月25日(火)18:00~20:00[参加16名]
プレゼン報告会 平成27年01月30日(金)15:00~16:00[参加17名]

アジャイル開発研修企画