一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 委員会・研究会 >
  3. 総務委員会

総務委員会

荻原 紀男
荻原 紀男

委員長:荻原 紀男(株式会社豆蔵ホールディングス 代表取締役会長)

国の施策などを見据え、必要に応じて政策提言等の意見を各委員会・研究会等から求め提案する。また、会員拡大に向けた施策などを含む協会全体の運営に関わる基本問題等を討議するほか、必要に応じて以下の準備会、ワーキンググループ等を設置し、具体的な検討を行う。

お知らせ

平成29年度活動報告

委員長:荻原 紀男((株)豆蔵ホールディングス 代表取締役社長)

協会全体の運営に関わる基本問題等を討議するほか、次の事項等について検討するとともに、理事会への建議事項等の確認を行った。 

・平成28年度事業報告(案)・決算(案)について
・平成29年度事業経過報告と年間収支予想について
・平成30年度事業計画(案)・予算(案)について
・平成30年度・31年度理事・監事の改選について
・定款の一部変更について
・関西圏交流委員会(現:地域IoT推進委員会)の新設について
・平成29年度CSAJ功労賞等の選定について
・新研究会・新ワーキンググループの設置について
・会員拡大キャンペーン(会員紹介状況報告)について
・第4次産業革命スキル習得講座認定制度と教育訓練開発プロジェクト事業(厚生労働省からの受託)について
・機械システム調査開発事業「次世代のブドウ産業活性化に関する戦略策定」(機械システム振興協会からの受託)について
・インドIT人材利用促進事業(アジア等IT人材定着支援協議会)の受託について
・高齢者雇用推進事業の追加普及セミナー(JEED)について
・情報化月間情報化促進貢献個人等候補者推薦の件
・CEATEC JAPAN 2017について
・データ適正消去実行証明協議会の設置について
・「一般社団法人超教育協会」について
・IT社会推進政治連盟(略称:IT政治連盟)について  など

●理事候補選定準備会
委員長:荻原 紀男((株)豆蔵ホールディングス 代表取締役社長)

平成30年度の理事改選に伴い、理事・監事の選定方法や理事・監事の選定基準等の確認を行い、理事・監事候補者を選定し、総務委員会、理事会、総会へ推薦するため、第2回の会合を開催し、理事・監事候補者を理事会に推薦した。

●新規入会企業とCSAJ幹部との懇親会を年2回開催

第4回 CSAJ幹部と新入会員との懇親会
会 期:平成29年4月25日(火) 於:山王健保会館 会議室
対 象:平成28年度下半期入会企業の皆様と総務委員会メンバー
参 加:26名(15社/20名の新入会員、6名の幹部陣)

第5回 CSAJ幹部と新入会員との懇親会
会 期:平成29年11月30日(木) 於:山王健保会館 会議室
対 象:平成29年度上半期入会企業の皆様と総務委員会メンバー 
参 加:37名(21社/32名の新入会員、5名の幹部陣)

関西圏会員懇親会を年1回開催

会  期:平成30年2月2日(金) 於:ホテルモントレ大阪
タイトル:「事業プライム化への会社改革セミナー&CSAJ会員懇親会 in OSAKA」
参  加:セミナー29社53名、懇親会33社57名の会員、関係企業、関係団体

●情報化月間 情報化促進貢献個人等表彰

経済産業省をはじめとする関係府省(内閣府、総務省、国土交通省、財務省、文部科学省)では、我が国の情報化の促進に多大に寄与した個人、企業等を経済産業大臣等が表彰する「情報化促進貢献個人等表彰」を実施しており、CSAJより推薦した株式会社豆蔵様が経済産業大臣賞を受賞され、平成29年10月2日(月)に東京証券会館にて表彰された。

プロジェクトみらい(仮)

リーダー:田中 邦裕(さくらインターネット株式会社 代表取締役社長)

CSAJの設立から30年を迎え、ベテラン経営者から、次世代を担う若手の経営幹部や起業家まで、多様性のある会員組織となったが、次のIT業界を担う世代が会社の枠を超えて、さまざまな価値観を交流させ、未来を作り上げていくための関係を促進させていく事を目的とする。ワークショップ等の交流の場を通じ、お互いの理解を深める活動を行い、将来的には業界を担う次世代の拠り所としての発展を目指す。