一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 委員会・研究会 >
  3. セキュリティ委員会 >
  4. Software ISAC

Softoware ISAC

リーダー:萩原健太(トレンドマイクロ株式会社 統合政策担当課長兼TMSIRTチーム統括責任者)

  • 目的
    ソフトウェアのよりセキュアな開発や更新等が行えるように、「Software ISAC」を構築し、ソフトウェア開発や脆弱性管理等の工数最適化や、さらには日本のより安全・安心な社会への貢献を図る。
  • 活動
    国内ソフトウェア産業に必要な脆弱性・脅威情報等の集約、分析、展開
    開発の上流工程からのセキュリティ組み込み(シフトレフト)
    開発ソフトウェアに係る外部連携の支援
    脅威情報の早期把握と発見
  • 運営チーム
    外部連携WG
     脆弱性の取り扱いやPSIRT構築や連携など、ソフトウェアに関する外部連携の勉強会や在り方の検討などの実施

    技術動向WG
     OSSやマイクロソフト関連のソフトウェアなど、セキュア開発につながる情報連携や勉強会などの実施

    提言検討WG
     セキュア開発やソフトウェア製品やサービスを提供する事業者として、より活動しやすい環境を検討し、提言する。

研究会等参加登録

スケジュール

8月2日(木)10:00~12:00
運営チームMTG(予定)

8月23日(木)15:00~17:00
ISAC説明会、CSAJ会議室(開催案内公開予定)

活動

Softwaere ISAC設立趣意書公開

「PSIRT Services Framework 1.0 Draft」の日本語翻訳文書公開について