一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 委員会・研究会 >
  3. 人材委員会

人材委員会

山本 祥之
山本 祥之

委員長 :山本 祥之(株式会社インテリジェント ウェイブ 特別顧問)
副委員長:木田 徳彦(株式会社インフォテック・サーブ 代表取締役)

国の施策を鑑み、次世代高度IT人材育成を主なテーマに、IT業界が求める人物像やその育成方法について、情報収集および意見交換を行う。また、経産省、(独)情報処理推進機構とIT人材に関する意見交換や協議会等に出席し取り組みについて情報発信する。多様な人材(女性、障がい者、高齢者、外国人等)が活躍できる創造的で魅力のある産業の実現を目指すための人材活用策の提言をしていくものである。

委員会参加登録

研究会

人材育成研究会

冨田 伸一郎
冨田 伸一郎

主査:冨田 伸一郎(株式会社ウチダ人材開発センタ 常務取締役)

第4次産業革命を実現する担い手として、IT業界が求める人材の育成に注力していく。多様化している技術動向を視野に入れ、必要な人物像やその育成方法について、情報収集および意見交換を行い、その成果を求めるワークショップの推進や産官学連携も視野に入れた活動を継続する。主に注目すべき技術(IoT、AI、ロボット、セキュリティ)を中心に人材育成手法や研修体系を整備、またグローバル人材、中高年IT人材の活用など働き方改革に合わせたキャリア教育も計画していく。また、iCD研究会とも連携し、会員に対してタスク、スキルを意識した人材育成計画を支援していく。

iCD研究会

木田 徳彦
木田 徳彦

主査:木田 徳彦(株式会社インフォテック・サーブ 代表取締役)

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が提供し、企業の経営戦略などの目的に応じた人材育成に活用することができるiコンピテンシデクショナリ(以下、iCD)導入を手助けする「iCD活用ワークショップ」の実施、iCDを活用している企業の情報交換会である「iCDコミュニティ」、iCDの活用度を認証する「iCD活用認証」等、iCDの普及・導入のための様々な活動を行う。

健康経営推進研究会(旧名称:メンタルヘルス研究会)

金成 葉子
金成 葉子

主査:金成 葉子(株式会社シーシーダブル 代表取締役社長)

企業が従業員の健康管理を経営的視点で捉え、健康保持・増進に向けた活動を戦略的に実践する「健康経営」の考え方が広まっており、企業理念に基づき従業員への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上に繋がるものと期待されている。こうした流れを受け、当研究会では、この2年半の「メンタルヘルス研究会」活動の発展形として、健康経営のための「心と身体の健康づくり」に活動の幅を広げ、協会会員の取組み支援施策を企画・実施するとともに、協会、健保、国への積極的な提案・提言を図る。(何れもダイバーシティ、メンタルヘルス関連を含む。)

地方創生IoT支援研究会

近森 満
近森 満

主査:近森 満(株式会社サートプロ 代表取締役CEO)

本研究会では、IoTをテクノロジーではなく一般利用可能なサービスとして捉えるとともに、特に地方自治体におけるIoTへの取り組みを一過性のものに終わらせないためのIoT教育の在り方について検討する。具体的には、関係省庁へのヒアリングやレクチャーを通したIoT教育の現状把握や、CSAJ協会会員の地方創生への意識調査、経済産業省の地方版IoT推進ラボ事業との連携から、地方自治体におけるIoT普及促進の道を探る。