一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. アクティビティ >
  3. 協会が実施する事業 >
  4. CSAJスタートアップ支援事業 >
  5. 投資家の皆様へ

投資家の皆様へ

CSAJは、世界を変える革新的なソフトウェアを生み出し、シリコンバレーのような「起業家が起業家を育てる」好循環を日本に創り出すことを目的に、CSAJスタートアップ支援事業を開始いたしました。

将来性のある有望な創業者を発掘・育成し、世界で勝負できる日本発のソフトウェアで世界を変える。そんなITベンチャー企業の成功を支援する「CSAJスタートアップ支援事業」に、ぜひご期待ください。

※2016年4月1日現在、新規投資家の募集は行っておりません。

CSAJスタートアップ支援事業の組織と役割

CSAJではスタートアップ支援事業を開始するにあたり、「CSAJスタートアップファンド投資事業有限責任組合(略称:CSAJファンド)」を組成いたしました。本ファンドでは、CSAJがGP(無限責任組合員)となり、CSAJ内に設置する運営委員会、投資委員会、諮問委員会で構成されます。


CSAJファンドの組織

支援を希望するスタートアップ企業に対して、運営委員会のメンバーおよびそのメンバーが推薦するメンターによるスクリーニングを経て、投資委員会でスタートアップ企業自らが対象製品等の説明を行い、投資委員会が支援(出資)対象を決定します。

 ■CSAJファンドについて

ファンド名称 CSAJスタートアップファンド投資事業有限責任組合(略称:CSAJファンド)
無限責任組合員(GP) 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
出資規模 2.85億円
存続期間 7年を想定
主な組成投資家 (株)豆蔵ホールディングス、(株)フォーラムエイト、サイボウズ(株)、(株)コー エーテクモキャピタル、さくらインターネット(株)、フリービットインベンスメ ント(株)、(株)コスモ・コンピューティングシステム、(株)大塚商会、IoTス タートアップ(株)、キャピタル・パートナーズ証券(株)、(株)アイビス・キャピ タル・パートナーズ、(一社)コンピュータソフトウェア協会(無限責任組合員) 等

CSAJスタートアップ支援事業の目的


CSAJに在籍する起業経験者・成功者が、

世界を変える革新的なソフトウェアを生み出すベンチャー企業を育成し、成功に導く。



  1. CSAJでは、「U-22プログラミングコンテスト」の運営や、一般社団法人未踏との連携等有望な人材を発掘する様々な機会を設けています。そして、CSAJの理事・監事・会員に多数在籍する優れた創業者、起業家や、弁護士・会計士といった士業関係者が、次代を担うスタートアップ企業候補を積極的に育成します。
  2. そうして発掘・育成した人材が起業する際に、CSAJファンドからの出資と本事業の支援メニューを提供します。
  3. このスタートアップ企業がIPOやM&Aによって成功を収め、さらに次のスタートアップ候補を支援します。

支援の詳細

出資

支援するスタートアップにはCSAJファンドから、以下2回のタイミングで出資を行います。

a. スタートアップの初期

 多くの会社( 15~20社程度)に対して少額の出資( 300万円程度)を行うことを想定しています。

b. 最初の投資から3ヶ月~12ヶ月後

 初期の少額出資を開始した後、3ヶ月から12ヶ月を経た時点で、上記の出資を得たスタートアップ企業の中から、成長が期待できる企業を選び、
 少数( 2~3社程度)に対して比較的多額な出資を行うことを想定しています。

※本事業におけるこれらの出資は排他的に実施するのではなく、必要に応じて既存のVC、エンジェルと協調して実施します。

支援メニュー

詳細はこちらをご参照ください。

ファンドの資金規模

■資金規模  2.85億円(存続期間:7年)

・初期投資    300万円程度/件☓15~20件/年☓5年
 - 取得株式は、5~10%程度

・追加投資(3か月~12か月後)   1,000万円~5,000万円
 - 取得株式は、デューデリジェンスを参考に決定

経済産業省平成26年度補正予算事業「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(ITベンチャーのスタートアップ促進事業)」との連携について

CSAJは、経済産業省が平成26年度補正予算事業として公募した「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業(ITベンチャーのスタートアップ促進事業)」に本事業で申請し、採択されました。
これは、CSAJがかねてからベンチャー育成支援を行ってきた実績と、CSAJに数多く在籍する起業成功者のリーダーシップが評価されたものであり、本事業の有効性・実現性を裏打ちする結果であると考えております。
CSAJは本事業を推進するにあたり、一般社団法人未踏と連携し、優れたスタートアップ企業候補を発掘し、育成してまいります。

一般社団法人未踏
経済産業省所管の独立行政法人情報処理推進機構(以下IPA)の事業である未踏事業のOB/OGや関係者を中心に、起業家やクリエータ等、創造的人材を多角的に支援し、日本横断的なネットワークをつくることで、ITを中心とした日本のイノベーションを加速させることを目的に設立された社団法人です。

CSAJスタートアップ公式サイト

メンター陣をご紹介するスタートアップ企業向けのWebサイトもご用意しています。
ぜひこちらもご参照ください。