一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. アクティビティ >
  3. 協会が実施する事業 >
  4. ビジネス創造プログラム

高度IT技術を活用したビジネス創造プログラム事業

 厚生労働省が公募した、我が国の生産性向上のための高度IT技術等に関する教育訓練プログラムの開発の計画(平成29年度~平成31年度)において、IoT・AIなど第4次産業革命関係分野のエンジニアの学びなおしをテーマとした「労働者等のキャリア形成・生産性向上に資する教育訓練開発プロジェクト事業」を平成29年度から3年事業として実施します。

 

事業概要

平成29年度事業

29年度活動概要

「平成29年度 CSAJ創造プログラム報告書」を公表

厚生労働省より平成29~31年の3年間受託した「高度IT 技術を活用したビジネス創造プログラム」事業において、平成29年度は、委員会・ワーキンググループにおいてカリキュラムの検討を行いました。また、正会員企業を対象としたアンケートおよびヒアリング調査を行い、その結果を基に「平成29年度活動報告書」を平成29年3月に発刊いたしました。

 

 

アンケート調査の実施と結果

≪アンケートの目的≫
・高度IT技術を活用したビジネス創造プログラムの開発のため
・会員企業の現状及び今後の高度IT技術、ビジネスの可能性を中心とした意見を収集するため

≪アンケート調査の対象≫
アンケートは、「経営者・管理者」と「従業員(技術者)」に分けて行われ、「経営者・管理者」は経営者あるいは人事・総務部門長に、「従業員(技術者)」は、開発に携わっている従業員に回答をお願いした。

≪実施概要≫
期 間:平成29年9月22日(金)~10月27日(金)
対 象:CSAJ正会員企業
設問数:経営者向け24問、技術者向け23問
有効回答数:経営者向け85件、技術者向け55件

≪アンケート結果≫