一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. アクティビティ >
  3. コラム

コラム一覧

コラム「専務のツブヤキ」(CSAJ 専務理事 笹岡 賢二郎)

~改元、平成31年度及び2次補正予算、ブロックチェーンなど~

新年あけましておめでとうございます。今年はカレンダー宜しく年末年始に10連休を頂き、休養は十分です。昨年は災害が多かったような気がしていますが、今年は改元、統一地方選、参議院選挙、消費税増税などのイベントが目白押しのこともあり、せめて自然災害くらいは静かにしていてくれることを願っています。


(2019年1月15日更新)

コラム「溜池備忘録」(CSAJ 専務理事 前川 徹) ※連載終了

その9「IoTに関する一考察」

前回、ブンデスリーガ(ドイツのサッカーリーグ)のIoT活用について書いたので今回もIoTの話を続けよう。
(2016年5月15日更新)

コラム「やさしい情報経済論」(CSAJ 専務理事 前川 徹) ※連載終了

その29 まとめ(その2)

現在利用している財・サービス・技術を他のものに乗り換えようとする時に必要となるコスト(経費、手間、時間など)を「スイッチング・コスト」という。このスイッチング・コストが高いと他の財・サービス・技術への乗換えは困難になる。この現象を「ロックイン」という。
(2015年7月15日更新)

コラム「本の福袋」(CSAJ 専務理事 前川 徹)

番外編その2『コーポレートベンチャリング新時代』

2013年6月に閣議決定された「新たな成長戦略 ~『日本再興戦略-JAPAN is BACK-』~」には、「産業の新陳代謝を促すことで、開業率が廃業率を上回る状態にし、開業率・廃業率が米国・英国レベル(10%台)になることを目指す」と書かれている。
(2014年1月1日更新)

コラム「ITリフレッシュメント」(CSAJ 専務理事 前川 徹) ※連載終了

ITと企業戦略の関係を考える(最終回)

2003年、米国では企業戦略におけるITの役割について大論争が巻き起こった。きっかけは、このコラムの第1回で取り上げたニコラス・G・カーの"IT Doesn't Matter"という論文である。
(2011年7月15日更新)

コラム「愛と繁栄を実現する経営改革」(CSAJ 監事 公認会計士 戦略経営コンサルタント 山田隆明)

「愛と繁栄を実現する経営改革」第四次産業革命前夜に生きるということ

 AI(人工知能)は人間社会を大きく変えようとしている。
その変化は「第四次産業革命」とも呼ばれる。第一次は18世紀末の蒸気機関、第二次は20世紀初頭の電力、第三次は20世紀後半以降のロボット、産業機械、インターネットだ。


(2019年1月1日更新)

コラム「経営に役立つ会計」(CSAJ 監事 公認会計士 山田隆明) ※連載終了

「これまでのまとめ~次号からリフレッシュスタート~」

これまで5年にわたり「経営に役立つ会計シリーズ」をお届けしてまいりましたが、前回号で私の最もアピールしたかったいわば集大成を執筆し終えましたので、来月からはタイトルを「愛と繁栄を実現する経営改革(仮)」に変更して一段と実戦的な内容にリフレッシュいたします。みなさまの経営実務のヒントに役立てば幸いです。
(2015年10月1日更新)