一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. プログラミング教育委員会 >
  5. プログラミング教育に対する現場教職員の意識変化について

プログラミング教育に対する現場教職員の意識変化について
~プログラミング出前授業実施後の感想~

2018.03.20

CSAJプログラミング教育委員会では、昨年秋に現場教職員を対象に、情報教育に関するアンケートを実施、2017年12月にアンケート結果を公表しました。

アンケートによると、学校現場において、日常的にICT機器を活用している先生は多いものの、2020年からプログラミング教育が必修化するにあたって、まだまだICT機器やネットワーク環境が不足していること、さらに機材以外でも多くの先生が、教育委員会からの支援や研修時間など、多数の課題を感じているといった結果でした。

また、プログラミング教育に関する想いとして自由に記入いただいたコメントの中でも、必修化にあたって、多くの先生が何らかの課題や不安を抱えている印象でした。

出前授業による先生方の意識変化

さて、CSAJプログラミング教育委員会のメンバーでもあるさくらインターネット株式会社では、CSR活動の一環で、平成29年度よりプログラミング教育の出前授業を実施しています。

そこで、出前授業を見学・体験した後の教職員を対象に、アンケートを実施したところ、「情報教育に関するアンケート」実施時期と比較して、先生方の考え方が、「不安」から「自分にもできそう」といった、前向きな思考に変わった様子が確認できましたので、参考資料の一つとして、ご紹介させていただきます。

本アンケートの公開にご協力いただきました地域ならびにさくらインターネット株式会社様には御礼申し上げます。

アンケート実施概要

回答対象:出前授業を見学・体験した小学校の教職員
アンケート回答校:12校(※)
回答者数:64名
アンケート実施企業:さくらインターネット株式会社

※本アンケート実施校は、今秋プログラミング教育委員会で実施した「情報教育に関するアンケート」にも、ご協力いただいた地域が含まれています。

出前授業見学後のアンケート結果

Q1.出前授業を見学したり、打ち合わせに参加することによってプログラミング教育について知らなかったことを知ることができましたか?

 

 

Q2.プログラミング教育についてどの程度知りたいと思いますか?



Q3.出前授業で行った内容は自分にもできると思いますか?



Q4.Q3で「難しいと思う」と答えた先生に伺います。どんなところが難しいと考えましたか?

Q5.出前授業の内容について、「自分ならこうしたい」というアイデアが浮かびましたか?

Q6.「アイデアが浮かんだ」と答えた先生に伺います。具体的にどんなアイデアが浮かびましたか。

キーボードの操作について

アンプラグド教材のアイデア

信号機の動作を体で表現する活動について

コードモンキーの取り組み方へのご意見

Ichigo Jamの取り組み方へのご意見

全体のカリキュラムに対する構想

Q7.他にも見てみたい出前授業のメニューはありますか?

Q8.出前授業全般について、自由にご意見をお聞かせください。(抜粋)

参考1:出前授業を実施したメニュー内容

No  タイトル プログラミング的思考のポイント  対象  PC利用  学習の狙い
 1  身の回りにあるコンピュータを探そう  コンピュータへの興味・関心  全学年  無  自分の身の回りにあるコンピュータで制御された物がたくさんあることに気づき、それらがどう利用されているのかを知る
 2  ルビィの服を作ろう  パターン 全学年  情報の中にあるパターンを見つけ、パターンに基づいてルビィの服を自分なりに表現できる
 3  ペンギンからのお手紙  データ構造  全学年  無  友達と協力しながらデータ構造を把握し、同じ構造のデータを利用して手紙を書くことができる
 4  ロボットのお仕事  シーケンス  全学年  無  身近な動作を細かい命令に分け、それを順に並べて意図した動作を表現できる。
 5  プログラミング体験1(Code Monckey)  シーケンス
プログラミングの基礎知識
 中学年以上  有 コードを記述し、正しくプログラミングができた時に意図した通りに画面上のキャラクターが動くことを体験する。
 6  プログラミング体験2(Ichigo Jam)  シーケンス
プログラミングの基礎知識
 中学年以上  有 コードを記述し、正しくプログラミングができた時に意図した通りにLEDを光らせることができることを体験する
 7  相談の上決定  - -  -  各授業メニューの説明や、先生のご希望をお聞きするなどし、授業内容を一緒に考察する。

 

参考2:出前授業を実施した各メニューのコマ数

 メニュー内容  コマ数
 プログラミング体験1(Code Monckey)  16
 ペンギンからのお手紙  5
 身の回りにあるコンピュータを探そう  5
 ルビィの服を作ろう  3
 その他 2
 プログラミング体験2(IchigoJam)  1
 ロボットのお仕事  1

 

プログラミング教育に対する現場教職員の意識変化について

 

本件に関する問い合わせ先

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
事務局 担当:若生
TEL:03-3560-8440/E-mail:gyoumu1@csaj.jp