一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. モバイルソリューション研究会 >
  5. UXクリニック~自社案件のUI/UX設計を専門家に無償相談~

第1回UXクリニック参加企業募集~自社案件のUI/UX設計を専門家に無償相談~

2016.07.27

モバイルソリューション研究会

 CSAJ会員企業向けに、自社案件(エンタープライズ分野、特に業務利用、社内利用のアプリケーション)の“UI”や“UX”について専門家に相談する機会を無償提供する活動を企画しました。専門家との対話や助言から、自社においてUIやUXの向上に取組む“きっかけ”や“発想・手法”を得る機会としていただく事を目的としております。
 モバイルアプリの評判が悪いけれど、どこを直してよいのかわからない方、開発中システムについて、UIやUXに関するアドバイスがほしい方、サービスを、毎日使って貰えるようにしたいのだが、何を改善すればよいのかわからない方などの募集をお待ちしております。
 つきましては、以下の概要をご確認の上、奮ってご参加くださいますようご案内いたします。

UXクリニックとは

自社案件のUIやUXについての専門家からの助言が得られます!!

募集要項

○第1回UXクリニック

 日時:2016年8月25日(木)14:00-17:00
 場所:日本事務器(株)会議室
     〒151-0071 渋谷区本町三丁目12番1号 住友不動産西新宿ビル6号館11F

 申込締切:2016年8月19日(金)17:00
 募集社数:3社

○提出書類

○申込みの流れ

  1. 上記よりフェイスシートを入手
  2. フェイスシートに相談案件に関する情報を記入
  3. 記入したフェイスシートを添付して電子メールにて申込み

○定員オーバーの場合

お申し込み方法

フェイスシートの記入項目

UXクリニックへの申込みでは、事前に相談する案件の基本情報をフェイスシートに記入して提出頂きます。
○会社名および部署名

○相談者の氏名および役割(開発担当や お客様担当 など)

○委託案件と自社案件のどちらなのか

○アプリケーション(サービス)の名前

○アプリケーション(サービス)の概要
 ※下記がわかる“製品カタログ”や“WebサイトのURL”でもOK
 ●対象業務および利用ユーザー、利用シーン
 ●画面イメージ
 ●一般公開されているWebサイトやモバイルアプリなど、誰でも試しに利用可能ならば利用するための情報


○課題や悩んでいる点(具体的に)
例)モバイルアプリの評判が悪いけれど、どこを直して良いのかわからない。こんな意見があるが…
例)開発中システムについて、UIやUXに関するアドバイスが欲しい。特に、○○画面は…
例)サービスを、毎日使って貰えるようにしたいのだが、何を(機能、画面、コンテンツなど)改善すれば良いのかわからない。

メンター紹介

安藤 幸央 氏
株式会社エクサ コンサルティング推進部 担当課長
/米国グーグル公認 デザインスプリントマスター(世界で17名)
※メンターとは、対話や助言によって本人の自発的な成長を支援する専門家であり、本企画の相談相手を指す。

相談案件の対象

○相談案件
  ・エンタープライズ分野(特に業務利用や社内利用)のアプリケーション
  ・開発に携わっている(特に設計やデザイン)のアプリケーション

○現在進行中の案件もしくは 過去の案件のメリット、デメリット


メリット デメリット

現在
進行中

企画中や開発中の案件であれば、
アドバイス等を反映することができる。
アドバイスや指摘に対応しようとすると、
開発スケジュールへ影響する可能性がある。
過去 次の案件に活かすことができる。
アドバイスや指摘への対応(システム改修)
のスケジュール調整が可能である。
稼動中(利用中)のため、アドバイスや指摘への
対応(システム改修)が難しい可能性がある。

相談内容

(1)“対象ユーザー”および“想定利用シーン”を説明
(2)(1)を踏まえて対象アプリケーション(もしくをサービス)を開発したことを説明
(3)現状の課題や問題点を相談
(4)(3)を実現するためのポイントをメンターからアドバイス!

○アプリ(サービス)の具体的なUIや機能等の改善点や、検討が必要なポイントなど

<相談例>

UXクリニックの流れ

○事前準備:相談企業
  ・相談する案件に関するフェイスシートの記入および提出
  ・相談時に使用する資料(画面イメージや操作イメージなど)を準備
  ・相談者を1名選定(複数名参加の場合、メンターと会話するメインの1名を決めておく)

○案件紹介
  ・相談者は、はじめの5分~10分で案件について紹介する
  ※どんな人が、どのような場面で、どのように使うことを想定したアプリケーション(サービス)なのか

○相談
  ・課題や悩んでいる点についてメンターと相談者がディスカッション(メンターからの質問に
   相談者が回答する など)し、相談者が自発的に改善点に気付けるようメンターがアドバイスする。


●相談者以外も参加可能
  ・UXクリニックでは、同日の他社相談者および事務局・運営(研究会メンバー)が参加する。
  ※参加者には、必ず「秘密情報保持に関する注意事項」にご同意いただきます。

UXクリニック(トライアル)実施企業の感想

モバイルソリューション研究会ではUXクリニックのトライアルを実施しました。以下はトライアル参加企業からの感想です。

会社名 非公開
案件名 非公開

◆感想1◆
UXクリニックへ参加した感想UXを通じて、顧客満足度を高めていくという取り組みは今までにない活動であったため、実際にそういった分野のアドバイスを受ける機会を得ることによって、自社サービスのレベルアップと差別化に繋がると実感した。

◆感想2◆
UXクリニック参加前後の社内での取組み実際の案件を提案する際にも単に顧客要望をそのまま具現化するといった提案だけに留まらず、顧客の成長段階やその先のエンドユーザーのニーズをUXの観点を盛り込んで提案できるようになった。特に顧客がどのようにUIを設計したらよいかが不透明な場合でもUXの観点で使い勝手やモチベーションを向上する方法を提案することは提案の差別化に繋がっていると考えている。

秘密情報保持

UXクリニックでは、相談内容(相談案件情報含む)を次の人物が取得します。
・UXクリニック運営事務局 および メンター
・同日のUXクリニック参加者

UXクリニックでは、秘密情報保持に関する下記事項について上記の人物全員が同意した上で開催します。

秘密情報保持に関する注意事項
相談企業の案件に関する技術上または営業上の情報について、如何なる方法をもってしても、開示、漏洩もしくは使用しない。

◆応募者は自社以外の人間に開示できる案件と内容としていただくようお願いします。

お申込/お問い合わせ先

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
業務課 鈴木
TEL:03-3560-8440 お問い合わせフォーム