一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. 法務・知財委員会 >
  5. 第16回座談会開催案内

第16回座談会開催案内
システム開発会社が訴訟に巻き込まれない、
そして最悪でも裁判に負けないための方法

2015.11.16

法務・知財委員会主催

 システム開発の分野では多くの裁判・紛争が発生し、その後経済産業省のモデル契約等様々は施策により改善がみられるものの、未だにあらたな裁判、紛争が発生しています。IBMスルガ事件をはじめ多くの判決も出されていますが、判決は裁判となった事例にもとづいて出されるものであり、判決を読んだだけで紛争解決の策が見つかるわけではありません。
 今回は、システム開発関係の多くの裁判・紛争解決に関与し、経済産業省のモデル契約の策定にもかかわったブレークモア法律事務所の平野弁護士より、システム開発会社が訴訟にまきこまれないようにし、最悪でも裁判に負けないために何ができるかについてご講演いただきます。
 また、最近の法務知財の旬な話題について、ブレークモア法律事務所より説明いただきます。
 つきましては、ぜひご出席くださいますようご案内申し上げます。

 なお、今回は座談会終了後、法務・知財委員会による懇親会も企画しています。座談会にご参加の方で懇親会参加をご希望の方は、申込フォームの会社名の後ろに「(懇親会参加希望)」と追記してお申込みください。(懇親会のみのご参加はご遠慮ください)なお、懇親会参加人数把握のため、お申込みは11月30日(月)午前中までにお願いします。

日時 平成27年12月3日(木)16:00~18:00(受付開始:15:30)
会場

会議室(TEL:03-3560-8440)
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル3F
※会議室は3階となっておりますので、直接3階にご来場ください。

対象 CSAJ会員限定
参加費 無料
定員 30名
申込締切 平成27年11月30日(月)午前中 (但し、定員になり次第、締め切ります)

プログラム

16:00~17:30

・システム開発会社が訴訟に巻き込まれない、
そして最悪でも裁判に負けないための方法
 説明:平野 高志 氏(ブレークモア法律事務所 弁護士)
・上記に関する質疑応答・意見交換

17:30~18:00 ・最近の法務知財の旬な話題について
 説明:黒住 哲理 氏(ブレークモア法律事務所 弁護士)
・上記に関する質疑応答・意見交換

※プログラムは、進行状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

講師プロフィール

平野 高志(ひらの たかし) 氏
(ブレークモア法律事務所 弁護士)

昭和60(1985)年修了、弁護士登録後、ブレークモア法律事務所、米国シカゴMasuda,Funai,Eiffert & Michell法律事務所、マイクロソフト日本法人(法務担当執行役等)を経て、ブレークモア法律事務所に復帰。専門分野は企業法務一般(会社法/独占禁止法/知的財産権/労働法/訴訟を含む)

●法務・知財委員会懇親会概要

◇日 時 平成27年12月3日(木)18:00~20:00
◇会 場 CSAJ近辺(予定)
◇会 費  3,000円
※申込時に、会社名の後ろに(懇親会参加希望)と追記の上、お申込みください。
※座談会終了後、場所を移動して懇親会を行います。CSAJより領収書を発行しますので、参加申込をされた方は、座談会終了までに事務局に会費をお支払いください。また、参加費のお支払の際は、釣銭の無いようご協力をお願いします。なお、懇親会参加申込後に、お申込者の都合によりキャンセルされる場合は、11月30日午前中までに事務局へご連絡ください。ご連絡がない場合は、参加費をご請求させていただきますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 戸島 お問い合わせフォーム
TEL:03-3560-8440

参加者募集を締め切りました