一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. 人材育成研究会 >
  5. 働き方改革を促進させる「成果を上げる業務改善」研修講座

生産性向上訓練第7弾 働き方改革を促進させる
「成果を上げる業務改善」研修講座のご案内

2018.10.09

主催:人材育成研究会

CSAJでは、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(以下、JEED)生産性向上人材育成支援センター(以下「生産性センター」)の実施する、在職労働者の労働生産性向上を目的とした「生産性向上支援訓練」について、2017年度同様2018年度も事業取組団体として認定を受け、人材育成研究会主催としてCSAJ会員企業の皆様に対して、研修講座を開講しています。

第7弾となる今回は、「成果を上げる業務改善」と題し、各社の抱える課題を解決し、業務の効率化を目指す研修を開講する運びとなりました。

近年働き方改革が話題となっていますが、生産性・業務効率化にあたり、何から手を付けたらよいかわからない、という企業・チームも多いのではないでしょうか。本講座はそんな企業の皆様に最適な研修です。通常より大変安い価格にて、研修を受講できますので、奮ってご参加ください。

 

「成果を上げる業務改善」研修講座のねらい

生産性向上に資する業務改善の目的と必要性を理解し、改善の着眼点と具体的な進め方を習得します

研修講座詳細

研修講座 働き方改革を促進させる「成果を上げる業務改善」研修講座のご案内
研修時間 12時間(6時間×2日間)
研修日時

第1回:平成30年12月 6日(木) 10:00~17:00(内休憩1時間含む)
第2回:平成30年12月 7日(金) 10:00~17:00(内休憩1時間含む)

内容
  1. 業務改善と業務の可視化
    1)現状把握・課題共有
    ・なぜ、今業務改善スキルが必要なのか
    ・守・破・離・効果的な習慣を身につけるには・効果的な学習方法
    2)業務改善スキル概論
    ・暫定対策と恒久対策
    ・業務改善の上手な人?
    ・プロフェッショナルの要素・構造化するとは?
  2. 業務改善手法
    1)業務改善のフレームワーク
    ①現状分析・問題とは
    ・視座・視野・視点・業務改善とは・関心事を列挙する
    ・優先順位をつける・緊急性と重要性
    ②課題抽出
    ・目標を設定する・問題を定義する・原因を究明する
    ・「なぜなぜ5回」による真因追究 ・なぜなぜ5回の注意点・ミニケース
    ③施策立案・意思決定
    ・解決策の立案・評価・意思決定・ミニケーススタディ・KPIを設定する
    ④実行
    ・実行計画の策定・目標のブレークダウン・リスク想定・進捗管理
    ⑤効果測定
    ・KPIの確認
    ・気づき・教訓の見える化・定義化
    2)成果物確認
    ・成果物確認・成果物発表・相互評価 まとめ
  3. 演習
    1-(1)参加者の現状把握と課題を共有する
    2-(1)-1現状分析 関心事を列挙する/優先順位をつける
        2課題抽出 目標設定/問題定義/原因究明
    2-(2)-3施策立案・意思決定 解決策の立案/評価/意思決定/KPIを設定する
        4実行計画の策定
    2-(3) 相互フィードバック
    ※グループワークを通して、各社の課題解決方法の検討~実践までを学ぶ実用的な研修講座となっています
講師

  木本 幹則 氏(株式会社ウチダ人材開発センタ 顧問)

会場

株式会社ウチダ人材開発センタ 両国オフィス
〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目6番1号 国際ファッションセンター(KFC)ビル7F

受講料

5,400円/1名(税込)
※上記は合計12時間の受講料です。

対象 経営者、管理者、管理部門担当者など
定員 20名(1社から複数名参加可能です)
※最少催行人数:15名
 15名に満たない場合は実施を見送ることがあります。
申込方法 申込書をダウンロードのうえ必要事項にご記入いただき、E-mailまたはFAXにて送付をお願いします。
申込締切 2018年11月15日(木)
※但し定員になり次第締め切ります

 

 

研修受講申込書ダウンロード

お問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 若生
e-mail:gyoumu1@csaj.jp
TEL:03-3560-8440

お問い合わせフォーム