一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. B to Bマーケティング研究会 >
  5. 第1回「MAベンダー・SATORIの『B to Bマーケティング』失敗・成功・挑戦」終了報告

第1回「MAベンダー・SATORIの『B to Bマーケティング』失敗・成功・挑戦」
~旧態依然としたB to Bマーケティングを変えたい!あなたの課題はなんですか?~ 終了報告

2017.12.01

平成29年11月16日(木)、BtoBマーケティング研究会主催 第1回セミナーが開催されました。(参加者:18社/23名)

概要

日時 平成29年11月16日(木) 15:00~17:00
会場

CSAJ会議室

プログラム

テーマ  「MAベンダー・SATORIの『B to Bマーケティング』失敗・成功・挑戦」
~旧態依然としたB to Bマーケティングを変えたい!あなたの課題はなんですか?
 講師 植山 浩介 氏
(B to Bマーケティング研究会主査/ SATORI株式会社 代表取締役)

講師略歴:
東京大学情報理工学系研究科修士課程終了後、トライアックス株式会社を設立。ウェブシステム構築事業を開始し、中小企業から大手企業まで様々な顧客のウェブ支援、大学・研究期間や先端ベンチャー企業が求めるシステムの開発支援事業を行う。そのノウハウを基盤とし、「ワンストップで消費者とコミュニケーションが取れるプラットフォーム」を提供したいとの想いから、2015年にSATORIをスタート。「あなたのマーケティング活動を一歩先へ」をビジョンに、国産マーケティングオートメーションツール「SATORI」の経営、マーケティング活動を行う。

セミナー概要

 はじめに、研究会主査である植山 浩介氏(SATORI株式会社 代表取締役社長)より挨拶の後、BtoBマーケティング研究会の目的や今後のセミナー予定などの案内を行いました。

 セミナーでは、中小企業におけるマーケティングの現状、多くはマーケティング担当者がいない、または兼任している場合が多く、SATORI株式会社と取引のある企業において、マーケティング担当者は約0.7人と非常に少ない、という実態を説明し、その一方で、セールス活動は非対面式(Web広告や関連サイトからの検索)が主で、匿名客から計画的に実名客(実際に商品を購入する見込のある顧客)を創出する仕組みが求められる時代になってきていると述べました。
 そのような時代背景の中、SATORI株式会社のマーケティングがどのように移り変わっていったか、自社や主査自身の成功・失敗体験に基づき、説明いただきました。
 参加者の皆様は時折頷いたり、メモを取りながら熱心に聴講され、第1回セミナーは盛況のうちに終了いたしました。 

 今後BtoBマーケティング研究会では、セミナーと同時にワークショップや勉強会も行っていく予定です。なお、第2回BtoBマーケティング研究会セミナーは2月1日(木)を予定しています。詳細確定後、改めてご案内します。

 また、研究会メンバーも募集していますので、ご希望の方は以下の委員会・研究会参加申込より申請をお願いします。

(事務局)

研究会参加登録

お問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 澤口・若生 E-mail:gyoumu1@csaj.jp
TEL:03-3560-8440