一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. アクティビティ >
  4. U-22プログラミング・コンテスト >
  5. U-22プログラミング・コンテスト2017 Webサイト構築/運営/デザイン案、事前審査および審査会運営事業者公募のご案内

U-22プログラミング・コンテスト2017
Webサイト構築/運営/デザイン案、事前審査および審査会運営事業者公募のご案内

2016.11.02

U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、2017年秋に東京で「U-22プログラミング・コンテスト2017」を開催する予定です。ついては、本コンテストWebサイト構築/運営/デザイン案、事前審査および審査会運営事業者公募を実施します。

企画背景

本コンテストは国内のIT人材の発掘・育成を目的に経済産業省主催で開催され、次回で38回目を迎える。

ここ十数年でPCは一般家庭にも普及し、近年ではIoT、AIなどの言葉に後押しされる中、コンピュータによって制御(プログラム)された製品がますます身近なものとなってきた。さらに、文部科学省の指針によると、2020年までに小学校でも「プログラミング教育」が義務化されるという。今まさに「プログラミング」時代が到来している。

一方で、国内ではまだ、身近なものが「プログラミング」によってつくられている、ということを理解している人は少ない。また、諸外国と比べて経営層のIoT・データの利活用が遅れ、受託開発がますます多くなり、自らモノを創りだすイノベーション人材が不足している。
本コンテストはそんな日本社会の中で良いアイデア・技術を持ち、日本の未来を創っていく若者たちを発掘・育成し、応援するとともに、国内のイノベーション人材の創出を促進するためのコンテストである。

2016年実施状況

ターゲット

多くの作品を応募してもらうために、小学校、中学校、高校、専門学校、高専、大学などの22歳以下の学生および学校の先生・教授に訴求し、応募促進したい。

委託内容

(1)Webサイト(公式・SNS含む)の制作・運営・維持・管理

(2)各種制作物

(3)DM、ポスター等発送作業(郵送料含む)

(4)事前審査

(5)一次審査実施における実機動作確認(事前審査通過40作品程度)

(6)一次審査会の実機テスト、プレゼンテーション、当日運営全般

(7)最終審査会の機材サポート、当日運営全般

(8)最終審査会後の懇親会・表彰式の運営

考慮いただきたいポイント

予算

提出物

スケジュール(予定含む)

提案書類一式提出締め切り 2016年12月9日(金)
会場・業者決定 2016年12月26日(月)
デザイン案の提示 2017年1月20日(金)(複数ご提案ください)
メインデザインの決定 2017年2月中旬
Webサイトオープン 2017年3月31日(金)※チラシ・ポスター発送も同日
応募期間 2017年7月1日(水)~8月半ば
事前審査 締め切り後~2017年9月4日(月)
一次審査会 2017年9月14日(木)~9月15日(金)(前週の可能性あり。調整中)
最終審査会および懇親会 2017年10月1日(日)
第2候補:9月30日(土) or 10月8日(日)

オリエンシートのダウンロード

お問合せ・お申込方法

下記までご連絡をお願いいたします。なお、ご不明点につきましても、下記までご連絡ください。

〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル4F
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
「U-22プログラミング・コンテスト運営事務局」
小林・若生(わこう)
TEL:03-6435-5991(月~金 9:30~17:30)
E-mail:u22-info@csaj.jp

※実施する参加条件について※

本コンペティションに参加する際には、会社概要等貴社の概要がわかる資料をあわせてご提出お願いします。なお、見積書には貴社押印があるものを有効とします。また、当該イベント・委託内容等の詳細説明が必要な場合は問合せ先までご連絡ください。