一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. アクティビティ >
  4. PSQ認証制度 >
  5. ソフトウェア品質向上研究会主催セミナー

品質管理/製品開発部門対象
ソフトウェア品質セミナー
注目されるIoT時代の「利用時の品質」

2016.12.08

近年、IoT(Internetof Things)への取組みが各国で進んでいます。しかし、今までつながっていなかったモノ、つながることを想定していないモノがつながることで安全安心に関するリスクも増大することが予想されます。また、自動車や家電は専門的な知識がない消費者が利用するモノであり、リスクを認識しないで様々なモノをつなげたり、開発者が想定しない使い方をしたりする可能性があります。利用者の環境において想定外の問題が発生した場合、特に安全に関するトラブルは取り返しがつかない被害を与えることも懸念されます。本講演では、つながる世界の利用時の品質について、利用環境や実利用の状況調査・分析のあり方、既存の利用時の品質の知見や失敗事例を活かした新製品開発のポイントなどを概説します。
尚、本講演の内容はIPA/SECおよびNPO法人人間中心設計推進機構(HCD-Net)が共同で「利用時品質検討ワーキンググループ(WG)」を設置し、平成28年9月に開始した、つながる世界の利用時の品質についての検討成果を基としています。

是非、製品開発、および品質管理に携わる皆様にご参加賜りたく、ここにご案内申し上げます。

セミナー詳細

日時 平成28年12月21日(水)  15:00~17:00 (受付開始14:30)
会場

3階会議室(TEL:03-3560-8440)
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル3F
※直接3階にご来場ください。

対象 CSAJ会員/非会員
参加費 無料
定員 30名 (但し、定員になり次第、締め切ります)
申込方法 本ページ下部の「お申込」ボタンにてお申し込みください。
お問合せ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ) PSQ認証室
E-mail:psq_info@csaj.jp
TEL:03-3560-8452

プログラム

15:00~15:30
(30分)

『つながる世界に考慮すべき利用時の品質に対するIPA/SECの取組み』
講師:西尾 桂子 氏 ((独)情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター)

概要:
IoT製品やシステムを開発していくためには、利用者の目的や特性および利用環境を考慮した高い信頼性を確保できること(=「利用時の品質」を考慮すること)が重要となります。IPA/SECが検討している、これからの開発における利用時の品質の考え方、設計への反映プロセス・評価手法などと、安全・安心なIoT製品やシステムの実現に向けた考慮事項をご紹介します。

15:30~16:30
(60分)

『利用時の品質に関する概要』
講師:鱗原 晴彦 氏(HCD-Net理事長、株式会社U'eyes Design代表取締役)

概要
1)HCD-Netの紹介  
2)IPA/SEC利用時品質検討WGでの役割と検討内容の概要紹介
  ・利用時の品質の考え方
       「設計品質/UI」と「利用時の品質/UX」の関係     
       利用時の品質の向上プロセス   
  ・利用時の品質の事例と課題整理     
       ユーザ経験や利用状況などの把握・分析に関する課題     
       ユーザビリティ設計に関する課題
  ・利用時の品質向上の方向性     
       ユーザに近づく工夫をする     
       ユーザ経験(UX)を把握・分析・評価する     
       ユーザの文化や特性、経験、利用環境を考慮する   
  ・利用時の品質向上策の具体例     
       UXに関する具体例     
       人間中心設計に関する具体例  
3)IPA/SEC「つながる世界のソフトウエア品質ガイド」から関連部分の紹介   
  ・知っておくべき国際規格 SQuaRE   
  ・ユーザビリティと利用時の品質   
  ・ユーザビリティを向上させる取組み   
  ・利用時の品質 品質特性表の解説 (定量指標による測定方法の概説)

16:30~17:00
(30分)

質疑応答

 

※プログラムは、進行状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

利用時の品質とは

ソフトウェアの品質を利用者(ユーザー)の視点から考慮するための指標(特性)のひとつ。UX(ユーザーエクスペリエンス)、UIデザインなど利用者を意識した設計思想などのテストフェーズが具体的な方法の例に挙げられる。ISO/IEC25010:2011(JISX20510:2013)で規定されており、ISO/IEC25022:2016として測定方法について定義されている。

お問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 PSQ認証室 TEL:03-3560-8452

お申し込み