一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. アクティビティ >
  4. 官公庁・団体情報 >
  5. 「第11回フクオカRuby大賞」の募集について

「第11回フクオカRuby大賞」の募集について

2018.11.19

省庁・団体名

福岡県

内容

開催日時  2018/9/28(金)~2019/1/31(木)
開催場所  福岡市内(予定) 
申込期限  2019/1/31(木)
主催  福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議、福岡県 
後援  一般社団法人Rubyアソシエーション 
募集対象  Rubyの特徴を活かして開発したシステムや新しいビジネスモデル、普及に関する取組で、最近(概ね過去1年間)のものを対象とします。
※全てRubyでコーディングされている必要はありません。
※応募作品については、有償・無償の別は問いませんが、予備審査において動作確認をおこないますので、URLを明記してください。普及に関する取組等で動作するシステムが無い場合は、この限りではありません。
※公序良俗に反するものは対象としません。 
応募資格  <大賞、優秀賞、特別賞、企業賞>
企業、団体および個人(任意団体を含む)
<奨励賞>
福岡県内の企業、団体および個人(任意団体を含む)
<新人賞>
福岡県内の企業、団体および個人(任意団体を含む)
Rubyプログラミングに係る仕事に従事した経験が3年未満であること
※全ての賞において、年齢制限はありません。学生の応募についても歓迎します。 
審査  有識者で構成される審査委員会において、Rubyの優位性、革新性、社会的効果などの視点から総合的にRubyを用いた先進的な取組を評価します。
1. 予備審査
提出された書類、添付資料、URLによる動作確認により、予備審査を行います。 予備審査を通過された作品の応募者には、2月下旬をめどに電子メールによりご連絡を差し上げます。それ以外の応募者には、連絡いたしませんのでご了承ください。
2. 本審査
予備審査を通過した作品を対象に、原則として、応募者のプレゼンテーションによる審査を行います。ただし、事情により審査に出席できない場合は、プレゼン資料を作成いただき、その資料のみによる審査を行います。
(旅費等、応募者に係る費用は全て自己負担となります。)
※審査の過程において、確認すべき事項が発生した際には、協力いただくことがございます。
また、審査の内容に関するお問い合わせには、お答えできませんのでご了承下さい。 
応募料  無料 
スケジュール  1.応募受付
平成30年9月28日(金) ~ 平成31年1月31日(木)【17 時 必着】
2.予備審査
平成31年2月上旬~中旬予定
3.本審査
平成31年3月上旬~中旬予定
4.表彰式
平成31年7月~8月予定 会場:福岡市内ホテル 

応募方法・詳細

事務局・お問い合わせ

福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議事務局
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1丁目17-1
福岡県福岡東総合庁舎5階
(福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター内)

Email:award@f-ruby.com(お問い合わせはメールにてお願いいたします。)