一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. アクティビティ >
  4. 官公庁・団体情報 >
  5. 「サイバー攻撃(標的型攻撃)対策防御モデルの解説」の公表

「サイバー攻撃(標的型攻撃)対策防御モデルの解説」の公表

2017.07.18

省庁・団体名

総務省

概要

 総務省では、巧妙化・複合化し続ける標的型攻撃等の新たなサイバー攻撃に継続的に対応できるようにするため、平成25年度より「サイバー攻撃対策防御モデル・実践演習の実証実験」事業の一環として、官公庁・民間企業等における人的、技術的視点から見たサイバー攻撃(標的型攻撃)対応方策(以下、「防御モデル」という。)の検討を実施してきました。
 今般、この取組の成果として「サイバー攻撃(標的型攻撃)対策防御モデルの解説」を策定いたしましたので、これを公表いたします。

内容

1 経緯等

日々、巧妙化・複合化し続ける標的型攻撃等の新たなサイバー攻撃に対応するためには、標的型攻撃への対応方法について深く認知し、必要な対策を機能させるための対応(『人・組織対策(インシデントレスポンス)』と『技術的対策(事前・対策・検知・事後対策)』)を行う必要があります。
そのため、総務省では、平成25年度より「サイバー攻撃対策防御モデル・実践演習の実証実験」事業の一環として、官公庁・民間企業等における人的、技術的視点から見た防御モデルの検討を実施してきました。
今般、この取組の成果として、「サイバー攻撃(標的型攻撃)対策防御モデルの解説」を策定いたしましたので、これを公表いたします。

2 公表資料

<概要>

<解説資料>

連絡先

総務省情報流通行政局情報通信利用促進課
(担当)武藤課長補佐、石川係長、小林調査員
(電話)03-5253-5685(直通)

公表日

平成29年6月30日(金)

詳細