一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. アクティビティ >
  4. 官公庁・団体情報 >
  5. プレス発表 企業の目的に応じたIT人材育成に利用できる「i コンピテンシ ディクショナリ2017」を公開

企業の目的に応じたIT人材育成に利用できる「i コンピテンシ ディクショナリ2017」を公開

2017.07.06

省庁・団体名

独立行政法人情報処理推進機構

概要

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)HRDイニシアティブセンターは、組織内の人材育成や組織力強化に活用できるツールとして提供している「i コンピテンシ ディクショナリ(以下、iCD)」の最新版「iCD2017」を公開しました。併せてiCDをウェブサイトから利用できる「iCD活用システム」と、ポータルサイトである「iCDオフィシャルサイト」も機能の追加・強化を行いました。

内容

 IPAが提供するiCDは、人材育成や経営改善のためにITに関する業務の実行状況を「見える化」するためのツールです。その特徴は、「タスクディクショナリ」「スキルディクショナリ」としてITを利活用するビジネスに求められる業務(タスク)と、それを支えるIT人材の能力や素養(スキル)を、体系化(*2)していることです。なお、iCDは毎年更新しており、「iCD2017」の追加、変更点は以下のとおりです。

「iCD2017(*3)」の変更点

  項目 変更点
  タスクディクショナリ      UIデザイン 新規追加
IoTシステム・サービスのライフサイクル 新規追加 
コールセンター 新規追加 
事業継続マネジメント 強化
セキュリティ領域 新規追加 
データサイエンス領域 新規追加 
スキルディクショナリ  IoT技術に関するスキル・知識 新規追加 
セーフティに関するスキル・知識 新規追加 

 また、「iCD2017」の変更に伴い、「iCD活用システム(*4)」「iCDオフィシャルサイト(*5)」にもその変更内容を反映しています。

 「iCD活用システム」「iCDオフィシャルサイト」における今回の更新では、新たに検索機能が追加されました。これにより、タスクやスキルに紐づく研修・書籍・資格の情報(*6)が検索できるようになりました。このほか、「iCD活用システム」では組織ユーザー向けに自組織の研修・書籍・資格といった情報が登録できるようになりました。その結果、他組織、自組織の研修・書籍・資格の情報が「iCD活用システム」で一元的に管理可能になりました。
 なお、「iCD2017」の公開を受け、2017年7月12日に「iCD」の活用事例などを紹介する組織の経営者、人材育成担当者、教育担当者等を対象にしたセミナーを開催します。詳しくは以下のURLをご覧ください。

 IPAは、「iCD2017」の公開と関連するサービスの充実により、IT人材の育成・活用に寄与することを期待しています。

脚注

(*1) 「セキュリティ領域」「データサイエンス領域」のそれぞれについて、具体的な専門分野や業務活動(タスク)、
   必要なスキルを体系化した指標。

(*2) タスクとスキルを、それぞれ辞書のように参照できる形で構成立ててまとめたもの。

(*3) 「タスクディクショナリ」は、タスク3階層と評価項目(約4,400項目)の計4階層で構成。
   「スキルディクショナリ」は、スキル3階層と知識項目(約10,200項目)の計4階層で構成。

(*4)

(*5)

(*6) 研修プログラム、書籍および資格情報も「iCD2017」の公開にあわせ、新規・追加登録を行っています。

プレスリリースのダウンロード

お問い合わせ

IPA IT人材育成本部 HRDイニシアティブセンター 遠藤/奥村
Tel: 03-5978-7544 Fax: 03-5978-7516

詳細